猫とネズミ

 

仲良し。


02:48 | 仕事 | comments(0)
 可愛い犬

 

依頼を受け、犬を制作。

可愛くできました。


15:10 | 仕事 | comments(0)
 猪

 

猪をちょこちょこと制作中。


13:32 | 仕事 | comments(0)
 夫婦で行く東南アジアの国々

 

集英社文庫から発売の清水義範先生

「夫婦で行く東南アジアの国々」

カバーイラストを担当しました。

各章の扉ページでも使われています。

 

清水先生の「夫婦で行く」シリーズも5作目です。

今回はアジアという事でちょっと身近に感じます。

そんな身近なアジアの国々ですが、普段クローズアップされないような

観光名所も色々と紹介されています。

個人的には緑に埋もれたカンボジアの遺跡を観に行きたくなりました。

 

すでに旅した方にも、そうでない方にも、おすすめの一冊です。

ぜひご一読ください。

 

↓他の夫婦で行くシリーズはこちら↓

 

夫婦で行くイスラムの国々

夫婦で行くイタリア歴史の国々

夫婦で行くバルカンの国々

夫婦で行く意外とおいしいイギリス


20:28 | 仕事 | comments(0)
 また眼鏡、そして羽根、つなぐ手

 

こちらも眼鏡。

 

 

 

帽子の飾りの羽根です。

カッターでシャシャシャシャ〜…っと削っています。

 

 

 

つなぐ手も難しいですね。


01:26 | 仕事 | comments(0)
 眼鏡作り

 

とあるご夫婦の人形制作を依頼され、お二人の眼鏡を制作中。

 

 

 

細かくて時間がかかります。

薄くはがした段ボールを紙縒りにして、切って繋げて作っています。

アップにするとねじって紙縒りにしているのが分かりますね。

フレームはなるべく細くしたいので出来るだけ細く。

 

 

 

かけてみたところ。

眼鏡もその人のキャラクター性を表す大事なアイテムなので

手が抜けません。


23:33 | 仕事 | comments(0)
 「雪の香り」文庫版

 

8月4日に発売された、塩田武士さん(『罪の声』でブレイク中!)の

「雪の香り」文庫版(文春文庫)。

単行本に引き続き、表紙に作品(主人公の恭平と雪乃の人形&石畳)を

使ってもらいました。

 

単行本は一面に雪が積もった銀世界をバックに、

楽しそうに手をつなぐ二人という構図でしたが、

文庫版はほのかに舞う雪をバックに、

主人公の二人の関係性をイメージした構図となっています。

 

ぼんやり映っている雪は合成ではなく、

撮影用の雪を実際に降らせてその瞬間にシャッターを切った一発撮り。

計算ができないので、良い絵になるように何度も撮影していましたが、

そのおかげで自然で臨場感のある絵に仕上がっています。

曇り空のライティングも含め、カメラマンさんの労力の賜物です。

 

小説は京都を舞台に、主人公の恭平が謎めいた女性・雪乃と出会い、

恋に落ちていくストーリーです。

「罪の声」とはまた一味違う京都を舞台にした恋愛ミステリー、

ぜひご一読ください!

 

 

 

単行本はこちらです。

文春のデザイナーSさん&カメラマンKさんの仕事ぶりは

とても丁寧でいつも楽しく作品を作らせていただいています!


23:46 | 仕事 | comments(0)
 web集英社文庫 担当者からのオススメ! さつき姐さん

 

web集英社文庫 担当者からのオススメ! 
新キャラの「さつき姐さん」を制作しました。

いただいた資料の写真が黒い服だったのとハロウィン前だったので

案の一つとして魔女キャラを提案しました。


そして、今月のさつき姐さんのオススメは「はじめてのルーブル」。

写真やルーブル美術館の館内図、分かりやすい解説で、
ルーブルに限らず絵画を見るのが初心者の方にもオススメです!

 

http://bunko.shueisha.co.jp/recommend/satsuki.html

 


19:05 | 仕事 | comments(0)
 色付け

 

魔女の仕上げ。

段ボール色じゃなく、色付きのカラー作品。

来年はカラー作品も増やしていきたいです。


21:08 | 仕事 | comments(0)
 魔女

 

メガネの魔女っ子。


00:06 | 仕事 | comments(0)

Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.